現金が不足して困っているとき、頭に浮かぶのが消費者金融です。しかし、現金を入手する手段は他にもあって、クレジットカード現金化という方法があります。

スマホやパソコンから簡単に申し込めて、現金を入手できるスピードも早いのが特徴です。

クレジットカード現金化の特徴

クレジットカード現金化では、購入した商品を買い取ってもらい現金を手に入れます。ショッピング枠に余裕があれば、誰でも利用できるメリットがあります。

借金ではないので、面倒な審査もありません。時間や場所を選ぶことなく、スマホやパソコンから申し込めます。

業者によって多少の違いはありますが、ほぼ確実に当日中に入金されます。曜日や時間帯にもよりますが、早ければ30分以内に振り込まれることもあります。これだけのスピードで振り込んでもらえれば、どんな急用にも対応できます。

いったん現金が振り込まれると、業者との関わりはなくなります。電話連絡や郵送物などは一切ないので、周囲に知られることもありません。また、不定期に実施されるキャンペーンを使えば、よりお得に現金化できます。

必要な金額だけ換金できる

消費者金融のカードローンには、利用限度額が設定されています。コンビニATMから借りることもできて、利便性は高まっています。しかし、便利さゆえに使いすぎてしまって、すぐに利用限度額いっぱいになることもあります。

それに対してクレジットカード現金化は、あらかじめ利用金額を決めておく必要があります。利用金額に応じて、業者が購入する商品を指定してきます。

業者によっては1,000円から利用できるところもあって、本当に必要な分だけ現金化できます。現金が振り込まれた後は、業者との関係はなくなるので、使いすぎる心配はありません。

最終的には購入した商品の購入代金を、クレジットカード会社に返済していきます。一般的なショッピングと変わりないので、家族に怪しまれることもありません。

まとめ

現金を調達できるスピードでは、クレジットカード現金化が最も早いです。申込みの手続きも非常に簡単なうえに、借金ではないという安心感があります。

少額からの利用が可能なので、本当に必要な分だけ現金化できます。ついつい借りすぎてしまって、返済に困り果てる心配もありません。現金化業者の利用が周囲に漏れることもないですし、郵送物がない点も魅力的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です